記帳代行及び給与計算が合わせて月額10,500円!
実は当社が最安値!

中小企業は、記帳だけでなく、給与計算もアウトソーシングしなければなりません。

この二つの合計金額で高いか安いかを判断する必要があります。

記帳代行を安くしてもらっても給与計算が高ければ、意味がありません。

どの税理士事務所が中小企業のために最も良心的な価格を追及しているのか、以下の比較表で冷静にご検討ください。

お手数ですが、ご自分でも『記帳代行』でグーグル検索されることをお薦めします。

 

社員10人(アルバイト、パート込)が10名の場合

費用項目

取引数

当社

最安値候補

U税理士事務所

最安値候補

税理士法人I

最安値候補

N社

記帳代行

費用

300取引

19,600円

21,000円

19,800円

15,800円

給与計算

10人

700円

16,500円

12,000円

10,000円

合計

 

20,300円

37,500円

31,800円

25,800円


詳しくはこちらへ
明確な料金体系 会社設立手数料0円! 会社設立キャンペーン 202,000円! 自分で設立するより安くなる!

融資支援サービス

創業融資最大7,200万円! 無担保、無保証、低金利
創業融資の無料相談会のご案内はこちら

設立後の顧問サービス

顧問料月額9,600円〜!お問い合わせはこちら

会社設立手続きの流れ

設立実績4千社超の司法書士が会社設立いたします。
会社設立手続きの流れ会社設立手続の詳細はこちら

よくあるご質問

なんでそんなに安いの?そのほかのよくある質問はこちら

お客様の声

横尾 様
横尾 様
【横尾様のご感想】 毎月、お見せいただいている『損益シミュレーション』には感銘してます。こちらから質問をしていなくとも、積極的にわかりやすく会計や税金、資金調達の仕方を提案してくれるのでとても助かっています。利益を増やすポイントから銀行融資の問題まで、どんな質問にも迅速に答えてくれるので、お話したあとは、経営のストレスから解放された気がします。 潟純Cズクリエーション 東京都千代田区
長田 様
長田 様
【長田様のご感想】 会社の設立から創業融資まで有難うございました。親切に相談にのってくれたおかげで融資をうけることができました。新支店立ち上げ時の追加融資のときも、銀行とのやりとりをバックアップしていただき、感謝しています。事業計画は、頭の整理になり経営を見直す良い機会にもなりました。ちょっと戦略的にものを考えられるようになった気がします。 椛z 東京都港区

会社手数料0円 無料相談!設立、融資に即日対応!

会社の基礎知識

⇒会社設立手数料0円コース 融資手数料も無料 設立実績4千社超の司法書士が設立!
⇒会社設立手数料18,000円コース  費用総額22万円。標準的コースです。
⇒創業融資の無料相談会実施中! 最大2,000万円
⇒補助金・助成金サポート! 最大200万円
⇒会社経営成功の秘訣 成功した経営者の共通項をまとめました
⇒資金計画を作ろう! 資金ショートしないかを確かめましょう
⇒株式会社の仕組み 有限責任の原則を理解しよう
⇒会社設立のメリットとデメリットとは? 
⇒会社設立の節税メリットとは? 税金に関するメリットとデメリットを把握しよう
⇒会社設立の流れ 手続きの基本を理解しましょう
⇒会社設立の必要書類 必要書類を理解しよう
⇒会社設立時の資本金 資本金の決め方を解説します
⇒印鑑について 印鑑の基礎知識をまとめました
会社設立の失敗事例 他人の失敗から学ぼう
⇒基本事項について 会社を設立するときにあらかじめ決めておかなければならないこと
⇒現物出資 物を出資して資本金を増強しよう
⇒払込証明書の作り方 資本金の証明の仕方です
⇒銀行口座の開設方法 会社の銀行口座の開設方法を理解しよう
⇒諸官庁への届出 諸官庁への届出を怠ると損をします

会社設立でよく聞かれる質問

●会社設立費用は専門家を使ったほうが安くなるって本当ですか?
専門家は、電子定款を利用するので印紙税の40,000円がかかりません。

専門家の報酬は、印紙税の節税額よりも少ないので、結果として専門家に任せたほうが安くなります。
専門家の報酬は、業者によってまちまちですが、安くなればその分だけ、依頼者の作業負担は重くなります。
支払報酬と作業負担のバランスのとれた業者を選ぶことが大切です。
→会社設立費用について 

 
●会社設立のメリットはなにですか?

  • 社会的な信用が高まります。特に法人をお客とするビジネスでは有利です。
  • 銀行からお金を借りやすくなります。
  • 人の採用がしやすくなります。
  • 課税所得が高くなると高い節税効果があります。
  • 消費税も節税できます。
  • 事業承継がしやすくなります。
  • 倒産時に経営者の責任を限定できます。
  • 投資家から出資を受けられます。

→会社設立のビジネスメリット
→会社設立の節税メリット

●会社設立時の資本金はいくらにすればよいですか?
資本金1円でも会社は設立できますが、対外的な信用や銀行からの評価、税金対策を考慮してバランスよく設定する必要があります。
また、他者に出資してもらう際には、経営権を確保できるだけの出資比率(50%超)を長期的に維持できるように注意してください。
→会社の資本金について

●会社設立の流れについて教えてください。

  • 『会社の憲法』である定款を作成して公証役場で認証
  • 資本金の振込みと払込証明書の作成
  • 登記申請書類の作成
  • 法務局へ登記申請書類等を提出
  • 税務署等への届出
  • 銀行口座開設

→会社設立の流れ
→当社に依頼した場合の会社設立手続きの流れ

●会社設立時の銀行口座開設に必要な書類はなにですか?

一般的には、次のものが必要です。

  • 口座開設依頼書(銀行備え付け)
  • 銀行届出印
  • 会社の実印
  • 会社の登記事項証明書
  • 会社の印鑑証明書
  • 定款
  • 代表者本人の身分証明書

銀行口座開設の審査は、厳しくなっており、上記以外の書類の提出を求められることも少なくありません。
→銀行口座開設の仕方について

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816

代表者メッセージ

kaishasetsuritsu-senmonka130.gif夢を追い求め、人生を賭けて、あえてリスクを取ろうとする創業者の皆様に役立ちたいと願い、会社設立の支援をさせていただいております。
会社という器をつくること自体は、簡単なことです。
しかし、創業者のかたたちにはそれ以上の支援が必要です。
本当に役立つ支援をしたい。そう願っています。
多くの起業家の方たちとお話をしてきました。
わたしは、起業家が夢や希望を語られる姿が好きです。
一方で、創業する方たちの将来に、多くの困難が待っていることも存じております。
売上は十分に確保できるだろうか、資金はもつだろうか?
夢とともに多くの恐怖と不安も共有させて頂いてきました。
その不安な恐怖も克服してさし上げなければならない。
単に会社という器をつくるだけでは、不十分だ。
もっと創業者の皆様を助けたい。喜んでもらいたい。
当社は、自然な流れで会社設立という事務手続だけでなく、創業融資、補助金・助成金の支援業務を始めるようになりました。
13年前のことです。
品質を維持するために、取扱い件数は、毎月10社に絞っておりますが、お客さまや金融機関からのご紹介で毎年100社のお手伝いをさせていただいております。
この仕事をしていてよかったと思うのは、資金調達や補助金・助成金の受給に成功したときのお客様の喜びや感激を目の当たりにした時です。
お客さまの成功があって、初めてわたくしどもの事務所の生き残りがあると思っています。
会社設立から、創業融資、補助金・助成金まで幅広い貢献をお約束いたします。

会社手数料0円 無料相談!設立、融資に即日対応!

お問い合わせ・会社設立お申込みフォーム

会社設立、創業融資、補助金・助成金について随時、無料相談を開催しておりますので、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

お名前

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
電話番号

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
ご相談内容
会社設立全般
創業融資
補助金・助成金
その他
無料面談ご希望日
※2500 文字以内でお願いします
ご相談内容をどうぞ!
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。